防水パンなし!排水口の掃除には洗濯機を持ち上げるジャッキ付き洗濯機台が便利です

ジャッキ付き洗濯機台

目次

皆さんは自宅にある洗濯機には防水パンは設置されているか確認したことはありますか?
防水パンには様々な役割がありますが、中には洗濯機下に防水パンがないご家庭もあります。
それ以上に問題なのは、洗濯機の排水口が詰まりやすいということです。

防水パンなしで洗濯機を使っているなら、排水口をどのように掃除すればいいのか知ることが大切です。
それでは、防水パンなし洗濯機の排水口を掃除する方法についてご説明しましょう。

洗濯機の排水口

洗濯機が行う排水の仕組みをあまり知らない人も多いのではないでしょうか?
洗濯する時は壁の蛇口から洗濯機内に水を貯めていきますが、給水と洗浄が行われた後に排水ホースに給水された水を排水して脱水される仕組みになっています。


つまり、脱水された水は洗濯機の下にある排水トラップに流れるので自動的に排水されていきます。
ただ、洗濯機の排水口には様々なものが流れるので詰まりやすいのが注意点です。
それでは、なぜ排水口が詰まってしまうのかご説明しましょう。

排水口の中のトラップにつまりやすい

洗濯機の排水口が詰まる原因は、排水口の中のトラップに様々なものが詰まってしまうからです。
洗濯機では様々な衣類を洗い込む以上、衣類の繊維や垢、髪の毛や体毛など様々なものが排水口に流れていきます。
しかも洗濯機の排水口は下部にある以上、なかなか掃除する機会がないのも排水口が詰まる原因だと言えるでしょう。
基本的に排水トラップはS字になっているので、あまり大きなものを流してしまうと詰まる原因になってしまいます。
日ごろからいかに掃除できているかどうかが重要です。

防水パンとは、水漏れと振動・音の軽減の役割

様々な洗濯機には防水パンと呼ばれるものが設置されているものといないものがあります。

洗濯パンとは、洗濯機の下に敷くプラスチック製のパンのことを指します。
洗濯機から漏れた水を受け止め、床や畳などを濡らすのを防ぐために使用されます。
洗濯パンは一般に、洗濯機の底面積よりも広く作られています。
また、厚手のプラスチック素材で作られており、通常、中央に水を排出するためのドレンホールが開けられています。ドレンホールには、ホースを接続して水を排出できるようにすることもできます。

洗濯パンは、洗濯機が水漏れを起こした場合や、洗濯機の故障によって水が漏れ出た場合に、床や畳を濡らさずに済むようにするために使用されます。
また、洗濯機が水漏れを起こす可能性がある場合に、事前に洗濯パンを設置しておくこともできます。
洗濯パンは、通常、家電量販店やホームセンターなどで販売されています。
サイズや形状、素材などは商品によって異なるため、自分の洗濯機に合ったものを選ぶことが重要です。


洗濯機を導入する際に防水パンはあった方が良いのか気になるかもしれませんが、なくても良いものなのか知ることも重要です。防水パンありのメリットとデメリットを見ると、防水パンはないよりある方が良いですが、洗濯機を防水パンなしで設置しても問題ありとまでは言えません。それでは、防水パンの役割についてご説明しましょう。

特徴

防水パンとは別名「防水パン」や「洗濯機パン」とも呼ばれ、洗濯機の下に設置されているプラスチック製の板のようなもので、フラットなタイプと四隅がかさ上げされているタイプがあります。
防水パンのサイズでは大型だと幅740㎜×奥行640㎜、ドラム式洗濯機だと幅800㎜×奥行640㎜があり。
防水パンの役割は、排水口のついた受け皿のようなもので万が一の水漏れを防ぐ役割があるため、万が一のことを考えるなら防水パンを設置しておくに越したことはないでしょう。

防水パンはなくてもよい?メリット・デメリット

メリット

基本的に防水パンは必須級というものではないので、特にこだわりがなければ設置しなくても良いでしょう。
防水パンを設置すると掃除するたびに重い洗濯機を持ち上げなければならないので掃除が大変面倒になります。
掃除の手間を考えるなら、特に防水パンを設置する必要性はないでしょう。
周囲のすき間が空きすぎず見栄えがよいため洗濯機の下の掃除がしやすいです。


排水ホースの取り外しや掃除が簡単です。

デメリット


ただし、面倒だからといって長期間掃除をしないでいると、いつ排水口が詰まって水漏れを起こすか分かりません。
しかも防水パンには洗濯機の稼働による振動を抑える効果もあるため、騒音を気にすることなく洗濯がやりやすくなるでしょう。多少の水漏れは防ぎますが、防ぎきれない量の水漏れには役に立ちません。
それらを考慮するなら、防水パンを設置して損はないかもしれません。

参考 防水パンの役割

洗濯機を持ち上げるジャッキ付き、またはキャスター付き洗濯機台が便利

ジャッキ付き洗濯機台とは、洗濯機を設置するための台で、通常は金属製のフレームに木製の天板が載っている構造で、その台の下部にジャッキが取り付けられているものを指します。

ジャッキは、高さを調節できる装置で、台の高さを微調整することができます。
これにより、洗濯機を正確に水平に設置することができます。洗濯機が水平に設置されることで、振動や騒音が低減されるほか、洗濯機の故障を防ぐことができます。

ジャッキ付き洗濯機台は、一般的には家庭用の洗濯機に使用されますが、商業用の洗濯機や乾燥機にも使用されることがあります。
ジャッキは、台の下部に取り付けられており、手で回すことで高さを調整することができます。ジャッキの高さは、洗濯機の重さや設置場所に合わせて調整することができます。

ジャッキ付き洗濯機台は、洗濯機を設置する場所が少し不安定であったり、床面に高低差があったりする場合に特に有用です。ジャッキを調整することで、洗濯機を正確に水平に設置することができ、洗濯機の動作を安定させることができます。

防水パンがない場合はジャッキ付き洗濯機台がおすすめ

防水パンがないということは、防水パンがある洗濯機よりも掃除がしやすい構造になっているので定期的に掃除しやすくなるのが大きなポイントです。
水漏れを起こさないようにするためにも、定期的に掃除する必要性があります。

ただ、床に直置きすると重い洗濯機を移動させるのが難しくなります。
簡単に動かせないと、洗濯機の下や裏にたまったホコリがたまるので直置きする前にジャッキ付き洗濯機台、キャスター付き洗濯機台を導入するのがおすすめで、お掃除効率がアップ。
それでは、防止パンなし洗濯機の排水口を掃除するグッズについてご説明しましょう。

(画像引用元 AmazonDEWEL

防水パンない場合の排水口のお掃除グッズ

掃除機で吸い込む

洗濯機の排水口を詰まらせないようにするためにも、排水口に掃除機を当てて吸い込む方法があります。
防水パンがなければ重い洗濯機を持ち上げる必要性がないため、排水ホース洗濯機や排水口から取り外し、排水口に掃除機を当てて吸い込むだけでOKです。
排水トラップに溜まりやすい繊維類や髪の毛などを吸い込むことができるでしょう。

薄い布などでふきとる

洗濯機の排水口周りを薄い布などで拭き取るのもおすすめです。
洗濯機を移動しなくても排水口の周りを拭き取ることができるので、定期的な掃除をするのにおすすめです。

ホースの内部に入る長細いもの

排水ホースの中には排水された水を初め、かなりの汚れが残っている可能性が高いです。
排水ホースを綺麗にするためにも、ホースの太さに合う棒のような長細いものを用意しましょう。
長細いものに布などを巻き付けてホースの内部に入れることで、水気はもちろん効率よく汚れを絡め取ることができます。

まとめ

洗濯機には防水パンがあるものとないものがありますが、掃除のしやすさにこだわるなら防水パンがない方が良いでしょう。ただ、防水パンは排水口からの水漏れを防いでくれるものでもあり、洗濯機の振動を抑える役割を持っています。かさ上げは、重量が50㎏を超える場合もあるので業者に依頼するのがベストです
防水パンは後から設置することもできるので、水漏れが心配なら是非とも防水パンの設置を検討してみてはいかがでしょうか。
防水パン、洗濯機下の掃除をする際は無理せずプロに相談して掃除してもらうのもおすすめです。

関連記事

参考動画 洗濯機 排水トラップが原因で排水不良に

水漏れが心配なら是非とも防水パンの設置を検討しよう